乾燥肌のかたは化粧水は必須

乾燥する時期やそうでない時期に関わらず、乾燥肌の方はお肌の手入れが必要です。

お手入れをしないままにしておくと肌荒れやニキビなどのトラブルの原因になってしまいます。特に乾燥がひどくなる秋から冬にかけては念入りなケアを心がけてください。歳を重ねるごとにうるおい成分が肌から失われてしまい、敏感肌になることもあります。そうならないためにも早めの対策を心がけてください。乾燥肌のケアには化粧水が良いのですが、その前にまずは洗顔をおこないます。手をきれいに洗った後、顔をぬるま湯で洗い流します。

洗顔料を泡立てネットや手にとってしっかり泡立てます。その泡を使って力を入れすぎないように洗顔します。肌の上で泡を転がすように、指の腹を使い優しく回しながら洗顔する事がポイントです。最後にぬるま湯でしっかり洗い流します。清潔なタオルを顔に当てて、水分を吸収させるように水気を取ります。この時に力を入れてこすると肌にダメージを与えて、トラブルの原因になるので気をつけてください。洗顔を丁寧におこない、顔の汚れを落としたら化粧水を使ってお肌のケアを行います。

まずは手のひらに化粧水を適量とって、温めるように広げて少量ずつ肌になじませていきます。一気に全てを付けてしまうより、少量ずつ付ける方が肌になじみやすいのでおすすめです。この時コットンを使用する方は、コットン全体を濡らして顔の中心から外側にかけて優しく押し当てながら肌に染み込ませます。乾燥肌の人は特に焦らず優しく染み込ませることを意識しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です