乾燥肌の人の化粧水の選び方

乾燥はシミやシワ、たるみなど、あらゆる肌トラブルの原因となるので、美肌を目指す人にとっては大敵です。

スキンケアをしっかりとしているのに乾燥が改善されないという場合は、毎日使っている化粧水を見直してみましょう。

「高保湿」と謳われているものであっても、必ずしも乾燥肌に適しているとは言い切れないので、正しい選び方を知っておく必要があります。乾燥肌の人にとって必要な保湿成分はセラミドです。

肌の保水力を担うのは、角質層にあるセラミド、NMF、皮脂の3つですが、この3つのうち、セラミドの量が約8割を占めるため、乾燥肌改善のためにはセラミドを補って肌の保水力を上げることが大切です。

セラミドにはいくつか種類がありますが、「セラミド1・セラミド2・セラミド3」などと、セラミドの後に数字が付いたものを選ぶのがおすすめです。セラミドで保水力を上げたら、今度はそこに保湿成分を補給して水分の蒸発を防ぐと、肌はしっとりと乾燥しにくくなります。

セラミドの他にもヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合された化粧水を選ぶと良いでしょう。また、乾燥肌の人は肌のバリア機能が低下し、刺激にも敏感になっているので、肌への負担となる成分が配合されていないものを選ぶことも大切です。

アルコールやパラベン、着色料、香料、鉱物油などの成分は肌への刺激となる可能性が高いので、無添加処方のものを選ぶようにしましょう。

しっかりとケアしているのに乾燥肌が改善されないという人は、化粧水選びを見直してみましょう。肌の乾燥の原因を正しく理解した上で良質な化粧水を選べば、確実に肌質を改善することができます。自分に合ったものを選んで潤いのある美肌を目指しましょう。乾燥肌に化粧水がおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です