ニキビ跡を治す化粧水の比較、シルクとキトサン

化粧水の中にもニキビ跡を治す成分が配合された製品があります。
シリコンが代表的ですが、その化学物質はマイナスイオンを放出していますから、肌に塗布する事で新陳代謝を活発にします。
しかし、肌質によっては刺激になる可能性がありますから、使用する場合は注意すべきです。

もしも天然成分を配合した化粧水でニキビ跡、クレーターを治したいならば、比較的、安全な成分を加えた製品があります。
シルクは蚕の繭から得られる特殊な物質ですが、皮膚の再生力を高めて、毛穴やニキビ跡が解消される様に補助します。
有効成分の「セリシン」が肌に膜を張り、開いた毛穴やクレーターの隙間に入り込み、皮膚が徐々に再生する様に働きかけます。
天然成分の中では即効性があり、刺激も比較的に少ないですから、シリコンが苦手な人や、現在使用している化粧水の効果に満足できない方は、シルク配合の化粧品に切り替えるのも、一つの手段です。

また、蟹の甲羅から抽出できるキトサンにも、皮膚を再生させる力があります。
毛穴の僅かな隙間に入り込み、皮膚が角栓を押し上げる様にサポートします。
サプリメントに配合されている事が多い物ですが、皮膚に塗布すると強力なメリットを与えます。
シルクと似た働きがありますが、比較すると皮膚に密着する力はキトサンの方が強いです。
しかし、アレルギー持ちの人はシルクを使う方が、かゆみや湿疹に悩まされる可能性は低くなります。
両者共にニキビ跡や毛穴に有効な成分です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です