化粧水はコットンではなく手でつけるのが良い

肌にうるおいを与えてくれる化粧水、日ごろどのようにつけていますか?薬局などに化粧用コットンが販売されているので、コットンに化粧水をつけて、パタパタと顔になじませている方も多いのではないでしょうか。
化粧水を顔につける時は、コットンではなく、手でつけるのが最も効果的なのです。

手のひらに数滴化粧水を落とし、手の体温で化粧水をなじませます。
その後、手の平を顔に当て、軽く押さえつけるような動作を何回も行なってみましょう。
サラッとしていた感じから、手の平が顔に吸い付くような感じに変わってきます。
このように手の平が顔に吸い付くような感覚になったら完了です。
手の体温により温まり、浸透圧の関係でコットンで付けた時より肌にグッと染み込み、なじんでいくのです。
特に寒く乾燥している冬のシーズンは、肌をいい状態に保つためには、化粧水での保湿はとっても重要です。
気温も低い季節だからこそ、この手になじませてつける方法がとっても有効なのです。
朝と寝る前にこの方法で続けてみると、肌はどんどんいい状態に保たれますよ。
その後の乳液や美容液の浸透も全然違ってきます。

また自分の手で顔に触れることにより、自分の肌の状態を直接感じ取ることもできるので、お肌のトラブルやサインを早期に見つけることにもつながります。
食生活が乱れていたら、肌の状態も悪くなり、同じことをやっていても浸透が悪かったりします。
部分的なかさつきについても集中的にケアできるので、この方法がお薦めです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です